♪♪ 観戦日記 ♪♪

2010年8月21日の日記

画像をクリックすると大きな画面が現れます

 2010.8.21(土)

 

義妹のMちゃん今月2度目の観戦です (^_^;)

 

 

西武の先発ピッチャーがエース涌井と発表されていたので、「勝てるかな?でも昨日、良い勝ち方をしたから、その波に乗っていたら勝てるかも!?」と話していました。

※ 涌井秀章

 

 

PM1:10頃、札幌ドームに到着。

しばらくすると、5mくらい前に私達に向かって手を振る女の人がいます。

Mちゃんのお姉ちゃんでした Σ(・ω・ノ)ノ!

待ち合わせをした訳でなく、偶然、会ったのですが、あんなに人が居るのに、会えた事にびっくりです (^_^;) (^_^;) (^_^;)

※ ご主人&息子さんと来ていた

 

 

お姉ちゃん一家と別れた後、お弁当を食べました。

 

卵焼きが北海道の形をしています ( ´艸`)

 

 

前回同様、列の1番後ろの席だったのですが、目の前にポールが有りました (^_^;)

でも今までと違う角度で見られて、新鮮な感じでした (*´∇`*)

 

 

試合前、日ハムのマスコットB☆Bと、西武のマスコットのレオが、【倒立歩行競争】をしました。

途中で逆立ちが出来なくなり、バク転でゴールした結果、レオが勝ちました (^_^;)

※ バク転の出来で判定

 

  

 

さて試合です。

相手投手はエース涌井なので、「少ないチャンスを狙って!!」と言う感じで応援していました。

 

 

 

3回裏、4点先制~~~!!!! \(^O^)/ \(^O^)/ \(^O^)/

 

 

 

周りの人達と喜ぶ喜ぶ (≧▽≦) (≧▽≦) (≧▽≦)

 

 

 

私はこれが楽しくて観戦に行きます ( ´艸`)

 

 

 

ところが4回表、西武の高山ソロHR・・・。

「まぁ、でも1点だから・・・」と先発の増井を応援していましたが、2点目を取られて2人目の榊原が登場!!

 

 

 

この人って、こう言う場面で出てばかりね (^_^;)

 

 

 

とりあえずピンチは脱しましたが、6回表、2点を取られて4-4の同点に・・・。

 

 

 

でも中田翔がやってくれました~~~!! o(゜∇゜*o)(o*゜∇゜)o~♪

※ 中田翔

 

 

 

犠牲フライを打って、5-4の勝ち越しです!!

やっぱり持ってるのかな~?

 

 

その後、日ハムリリーフ陣(林・建山・武田久)が抑えて勝ちました ヽ(^。^)ノ

※ 林昌範(現・横浜)・武田久

 

 

 

ヒーローインタビュー勝ち越し犠牲フライを打った中田翔です♪

 

 

ハラハラした試合展開だったけど、勝てて良かった~ (*´∇`*)

 

 

でも稲葉ジャンプが出来なかったので、ちょっと物足りなかったです (^_^;)

 

 

次の観戦は9月19日(日)のオリックスバファローズ戦です♪

※ 一緒に行くのはMちゃんじゃなく、元合唱団員のTちゃん♪

 

 

 <おまけ①>

 

Mちゃんは前回までの観戦で、お姉ちゃんにレプリカユニフォームを借りて観戦していたのですが、今回はお姉ちゃんも観戦する事になっていたので借りる事が出来ず、結局、糸井のTシャツを買いました。

※1 糸井嘉男

※2 Tシャツ

 

元もとMちゃんは野球を全く知らない子だったのですが、ホント、【2人の姉(お姉ちゃん&私)に影響されて】と言う感じで、少しずつ野球の事がわかって来ました ( ´艸`)

 

 

稲葉の応援歌をちゃんと歌っていたし ( ^_^)b

※ 稲葉篤紀

 

 

 <おまけ②>

 

私の左隣りに座っていた人インパクト大でした (^_^;)

※ 右隣りはMちゃん

来た時、「男女2人が来た」と思っていたのですが(私の隣りの人は、ガッシリした体格で髪もかなり短い)、その内、Mちゃんが、「隣りの人って女?」と聞いて来ました。

 

 

 

【私】 「わかんない」

【M】 「だって眉毛書いてるよ」

【私】 「(『チラッ』と見て)ホントだ・・・」

 

 

 

男の人のような感じで選手に声援したりしていて(物凄く声が大きくて、耳に突き刺さって痛かった・・・。男女の区別が付かない声質だった)、「男?女?」と言う感じだったのですが、一緒に来た人(この人は明らかに女性と言うのがわかる)に、「私、●●●●●(会話)」と話していたので、帰る時、「女の人だったね。オナベ!?」と話していました (^_^;)

 

 

その人は日ハムのユニフォーム型ラジオを持参して来ていて(確か2年くらい前、ローソンのキャンペーン商品だった)、たまにラジオを聞きながら、一緒に来た人に、「解説者が、『●●●●●』って言ってる」と話しているのを聞いて、「へぇ~」と思っていました。